多久市との連携協定が、佐賀新聞に掲載されました!

佐賀新聞に掲載されました!

多久市にて、民間のボトムアップによる空のシェアリング・プロジェクトが動き始めています。

住民の地域課題から考える、ドローンソリューション。そしてそれを実現するための空路構築を、住民自らが連携して行う。


sora:shareの空の道開拓が、ネクストレベルへの動き出しました。協定という自治体のお墨付きを頂きつつ、住民が自ら欲するサービスをドローンで実現させるため、ワークショップ(まちづくり協議会と共催)を重ねています。


技術先行ではない「草の根」からしか、空の産業革命は起こりえないと我々は信じて動いてきましたが、いよいよこの地から、町ぐるみの「空の町」プロトタイプが誕生しそうな予感がしています。




アーカイブ