佐賀県多久市と弊社トルビズオンで連携協定

日本を代表するシェアリングシティ・佐賀県多久市と弊社トルビズオンで連携協定を締結しました。sora:shareによる、「ドローン航行のための空の道」敷設を、多久市及び多久市まちづくり協議会と推進していきます。

特徴的なのは、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師である多久市職員の 石上 涼子 さんの強力なサポートの下で、上空シェアリングsora:shareを広範囲に渡って展開する点です。

今までsora:shareは、どちらかというと”ドローン”なイメージで推していましたが、今回は"シェアエコ"が主役です。官民が一丸となって、地域課題を解決するための"空のシェア"にフォーカスします。

自治体所有の土地、民間の土地、農地、山林など、ありとあらゆるステークホルダーを調整しながらその上空に「空の道」を網羅していきます。

もちろん、まちづくり協議会との連携の中で、住民のニーズを汲み取りつつ、ドローン業務を考え、社会実装に近づけていくことも忘れません。

また、本プロジェクトはプロセスキャスティングします。つまり、プロジェクトをリアルタイムかつ草の根的に情報発信していくので、賛同頂ける方はどんどんお声かけください。


シェアリングシティ多久市について https://share.jp/sharing-city/takushi_1/




アーカイブ