上空シェアリングのトルビズオン 福岡県宗像市自由ヶ丘地区団地再生事業におけるドローン物流配送実験を実施

上空シェアリングサービス「Sora:Share(ソラシェア)」(https://www.sorashare.com/)を運営する株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:増本衛 以下 トルビズオン)は、2022年3月6日に福岡県宗像市(市長:伊豆美沙子)と共同で、イオン九州株式会社の協力のもと、ドローンを用いた物流配送実証実験を実施することをお知らせいたします。



背景: 宗像市自由ヶ丘地区では、「サービスが人の近くに移動してくる社会」という概念について検証を行うため積極的な実証実験を行っております。


2021年10月から「商業施設や店舗が人の元へ移動し、サービスを提供する次世代移動型店舗の「ショップモビリティ事業」の実験を行い、今回のドローン配送実証実験においては、より個別で自由度の高いサービスを住民の元に届けるためのサービスの実証を行います。


実証実験概要:

将来的なドローン配送を見据え、住民から店舗に日用品の注文、店舗からドローンの離陸地点への物品輸送、そして自律飛行ドローンによる物品輸送の一連の流れを検証します。


<開催概要>

日時:2022年3月6日(日曜日) 13時〜15時

場所:宗像市立自由ヶ丘中学校(グラウンドにドローン着陸予定)


今回のドローン物流配送実証実験では、イオン九州株式会社の協力のもと、住民による日用品の注文応対から、ドローンポートへの車両配送を行い、物資のドローンへの積替え、そしてドローンの自律飛行による住民への商品輸送を実施します。


注文された商品が店舗からドローンへ、ドローンから注文者へと輸送される構造は、今後の「サービスが人の近くに移動してくる社会」の実現に向けて極めて重要な要素となります。


実証実験におけるトルビズオンの関わり:


今回の実証実験において、トルビズオンはドローンの安全飛行のための航路敷設(ドローンの飛行ルート設計、ならびに設定)をソラシェア上にて行い、当日のドローンオペレーションを担当いたします。


上空シェアリングサービス「Sora:Share(ソラシェア)」およびトルビズオンについて:

トルビズオンが提供する「Sora:Share(ソラシェア)」は2018年10月より開始したドローンが安全に空を飛行するためのサービスです。


ドローンが飛ぶ地点を3次元のドメイン(住所)で管理し、「地権者合意」をつなぎ合わせることで、空の道をつくるプロジェクト「Sky:Road」の展開及び、土地所有者と、ドローンユーザーをつなぎ、空撮や、練習するための空をシェアする「Sky:Market」を提供し、日本に世界でいちばん価値のある空をつくることをミッションにしています。