つくば市における、都市部の住宅地への物流配送実験を成功

つくば市における、都市部の住宅地への物流配送実験を成功させました!無事、全行程を終えました。

最初の便では、五十嵐市長が直接注文して、自動飛行によって地元のスーパー、カスミさんから商品をお届け。無事、市長が発注した品物がお手元に届きました。


その後、運航した全便で注文を受け、大盛況のうちに終わりました。結果、住宅地におけるドローン配送に一定の需要がある事を証明しました。


また、ここでは、弊社開発陣が制作したLINEアプリでキャッシュレス課金を実現。受取時の現金引き渡しの手間を省きました。


他にもDocomoさんの協力を得て、上空でのLTE回線を活用。sora:share課金のため、リアルタイムでのドローンの位置情報を取得しました。


これは我々ソラシェアにとっては非常に重要で、ドローンがどこを通ったかを記録して、地権者に証明するためのものです。


もちろん、現行法で必要な「全ての航路直下での交通整理」を行い、20名もの歩行者誘導要員を動員するというとんでもない努力が必要でした。


しかしこれは、今後、国への規制緩和への提言内容を探るためにも、必要なステップであったと確信しております。

このようにつくばの実験により、我々はsora:shareのサービスとしての次元をさらに飛躍することに成功しました。


実験の機会を与えてくれたつくば市、関係した団体の皆様、住民の皆様、そして頑張ったチームの皆に感謝です。ありがとうございました!





アーカイブ