ソラシェア入門、何から始めればよいですか?



こんにちは、上空シェアリングsora:shareの運営チームです。

ソラシェアの事が気になっており使ってみたいけど、何から始めれば良いかわからない方、「上空をシェアして、空という資産を運用する? なんか気になるけど、何から始めればいいの?空いている土地(の空)を登録できるみたいだけど、具体的にどのように活用すればいいんだろう…。具体的な方法を教えてください。」

本記事では、このような疑問にお答えします。


目次

  1. 1.まず、ソラシェアを理解する

  2. 2.スカイマーケットでの稼ぎ方(登録無料)

  3. 3.スカイロードでの稼ぎ方

  4. 4.ドローンの法律を理解する

  5. 5.自分の事業とのシナジーを考える




1.まず、ソラシェアを理解する

ソラシェアとはドローンユーザと土地所有者(ランドオーナー)のマッチングプラットホームです。実際のサイトはこちら。本記事ではランドオーナーの立場に立った説明を行ないます。(ドローンユーザ向けの記事は別途作成しますのでお楽しみに。)

ランドオーナーにとってソラシェアは、自分が持っている土地の上空をドローンユーザに貸し出すことができるサービスです。ソラシェア上で展開しているサービスは二つ、スカイマーケットスカイロードがあります。

現在、誰でも利用できるのはスカイマーケットのみとなります。スカイロードはドローン物流用の「空の道」を開拓するもので、運営会社のトルビズオンとの特別な契約が必要になります。まずは始めやすいスカイマーケットの利用法について、次の章から解説します。



2.スカイマーケットでの稼ぎ方(登録無料)

スカイマーケットのユーザは、ドローンユーザとランドオーナー(土地所有者)の二種類に分かれます。ドローンユーザは自分がドローンを飛ばしたい場所をサービスから選択し、課金して飛ばすことができます。

ランドオーナーは自分が権利を持っている土地の上空をドローンユーザに貸し出すことにより、収入を得ることが可能です。一時間あたり1,000円が入る仕組みになっており、イメージとしては空き地の駐車場運営に似ています。

登録の方法は、こちらのYouTube動画にて詳細を解説しております。所有する遊休地をお持ちで空からの収入の獲得に興味がある方は、是非sora:shareにご登録ください。登録料は無料です。

また、ソラシェアにはNG登録という機能があります。これは自分の土地上空をドローンユーザや事業者に飛ばして欲しくない方向けの機能になります。民法207条で土地所有権が上空まで認められているものの、現状の法制度では、自分の土地上空を他者のドローンが飛行することを拒否することは困難で、下手をすると飛ばされ放題になっています。ソラシェアを利用頂くことでその飛行禁止エリアとして、NGスカイの意思表示をすることが可能になるのです。



3.スカイロードでの稼ぎ方

続いて、ソラシェアが展開しているもうひとつのサービス、スカイロードについてご説明します。スカイロードでは複数の地権者に対して、上空を物流用ドローンが飛行することに対する許可を連続して獲得することで、町や農地、山林の上空に空路を敷設するサービスです。

ただ現状の法制度では、ドローンをどこでも自由に飛ばすことはできません。人口集中地区での飛行や夜間飛行などのリスクの高い飛行を許可制とする他、特に重要なポイントは「第三者上空飛行」を禁止している点です。

第三者上空飛行の禁止とは、ドローンが第三者(人物・車両等)の直上を飛行させることを禁止したもので、このルールがある限り、街中でのドローン配送の実現は絶望的になります。もちろんこれは、ドローンが墜落などした場合に、第三者に損害を与える(最悪のケースで死傷など)