災害調査撮影技能士のプログラム開発

九州ドローンコンソーシアムの災害調査撮影技能士・実技操縦のプログラム開発の実証実験を行いました。

福岡空港の制限範囲内なので、丁寧に許可申請を取得。大阪航空局の他にも空港事務所、宇美町役場など、各方面と調整しました。

もちろん、登山客やキャンプのお客様への周知や安全運航管理もバッチリです。

プログラム内容は、捜索訓練、撮影訓練、自動飛行訓練の三つのパターンを実施して、管理・運営手法についてのノウハウも得ました。

災害調査は九州ドローンコンソーシアムの要です。他の会員の皆様も活用できるように、今後、仕組みを整えていきたいと思います。

関連記事
特集記事
アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.