英彦山神宮でのドローン霊山開き

英彦山神宮のドローン霊山開きイベント限定品の数々です。上は、期間中何度でも聖域飛ばし放題のワッペン。これを付けていると、600haの広大な空域を撮影可能です。

左端は本日のイベント参加者限定のネーム入り希少木札。厳粛なる飛行安全の祈祷儀式とともに。真ん中は英彦山神宮ドローン御朱印。そして、右端は誰でも購入可能な英彦山神宮の御朱印帳です。

既にSNS上でレポートが出回っていますが、本日のイベントは素晴らしかった。登山客の皆さま、子連れの親子など、一般の方々にもドローンの素晴らしさをアピールできて、民間の反応も上々。

添田町役場からは、添田町町長や役場の皆さまが、そして何よりも九州中から集いしアンバサダーとお客様がお見えになり、まさに、感無量のイベントでした。

新たなる伝説が、ここから始まります。sora:shareでの冬のドローン空撮開放期間は2/25まで。後、残り13名の枠がございます。ピンと来た方はご連絡下さい(^^)

ドローンユーザのための上空シェアリングサービス「sora:share」

https://www.sorashare.com/

関連記事
特集記事
アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.