EHANGの物流専用ドローンを見学

EHANGの物流専用ドローンです。実際にその場でスマホアプリからマクドナルドにオーダーし、コーヒー6杯が空輸されてきました。


ドローンの飛行は安定しており、速度も10m/s程度は出ていました。運べる重さは5kgまで。操縦は全て自動です。現地と連絡を取りながら、管制室から遠隔オペレータが行います。


ポートは簡易的なものだったので、周囲の安全性や荷物のセキュリティなど考えると、今後発展の余地がありそうでした。


地域のスーパーマーケットへの導入も開始。実際にフライトしているところは見れませんでしたが、現地設備までは確認できました。


我々は国内で物流企業と組みながら、オペレーションに関する様々なディテールを議論してきましたが、彼らと重視する論点がほぼ同じたったので自信がつきました。


中国市場と日本市場を同時に考える事で、さらに複合的な気づきもありました。ドローン大国中国の一次情報の価値は、今後の糧になりそうです。



アーカイブ