ドローン夜間飛行の難しさ

ドローン現場での夜間飛行のチャンスは少なく、ノウハウ化しにくい。しかし夜間飛行許可対象の機種を増やしたおかげもあり、最近は少しずつ案件化。

・灯火があっても機体の向きを把握しにくい。

・夜間飛行と目視外飛行は原則、同時にやってはいけない。

・電線などの障害物を明るいうちに把握しておかなければならない。

など難易度は高く、かなり奥が深いです。

そのうち、体系化してこれも教育プログラムDoMACに導入する予定です。

関連記事
特集記事
アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.