祝!!TECH::CAMP卒業式

TECH::CAMPイナズマの卒業式。

一週間、キャンプのある福岡市の親不孝通りに通い詰め、RUBYによるWEBプログラミングを一通り学び終えました。プロトタイプも完成して良かった。

もちろん記念受験ではないので、引き続きシステム開発の修練を続けています。実際にプロトタイプをリリースして感じた、現時点での不足点。

1.サーバ運用 サーバ運用はまた別の技術。広く一般公開するアプリのため、バグ対応や要望の取り込みなどの対応をしつつ、セキュリティやデータ管理を行う必要がありそうです。データ使用量を見ながらクラウドやネットワークのサービスを柔軟に変えていきます。

2.デザイン デザインおよびUXもかなり重要。今回は全て学べなかったJavaScript、JQuery、Ajaxなど見た目を整えて使いたくなるユーザビリティを実現する必要があります。技術もそうですが、センスが圧倒的に重要でしょう。

3.RUBYアドバンス プロトタイプでは、まだまだ実装できなかったものがたくさんあります。そのために、RUBYの新規GEM導入やデータベースのレコード追加が必要です。特にデータベースの設計は重要です。

4.新たなる言語へ RUBYでは対応しきれない処理は、他の言語で行います。例えば大量の画像処理や機械学習などはpythonが得意とされており、その辺りもいつかは取り組むべきでしょう。

明日は休みを頂いて、来週からは普段通りの体制に戻りますが、夜は引き続きプログラミングを学び続けます。

ふと、QBSやグロービス時代を思い出しました。やはり人間、一生学び続けないといけませんね。経営者がプログラミングできないと、話にならない時代が来ているような気もしますし。

関連記事
特集記事
アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.