空撮:ツーオペレーション

ドローン空撮、ツーオペレーター体制のシステム環境構築が完了。

とは言っても、専用の送信機とタブレットを複数準備するだけです。

通常は一人でドローンを飛ばしながらカメラも同時に動かす必要があるため、難易度がかなり高くなります。このシステムを使えば、ドローンを操作する人と撮影する人を分ける事ができるので、それぞれのクオリティを最大限に引き出すことが可能になるのです。

それだけ人手がいりますが、安全管理の面からも非常に重要な役割分担です。

関連記事
特集記事
アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.