ボルドー"UAV SHOW"レポート

October 12, 2016

つい先週、突如決まったボルドー行き。

今、欧州最大のドローン展示会" UAV_SHOW "でブースを開き、運命の不思議を感じています。

 

日本にいると、ど

 

うしてもアジアやアメリカのドローン情報しか入って来ませんが、ヨーロッパのドローン事情もなかなかアツいようです。アフリカや中東のドローン情報は、地理的関係からヨーロッパに集中している可能性が高いので、その中枢に行く事は大きな意味がありました。九州ドローンコンソーシアムを立ち上げ、いよいよ次なるステージへと思っていたところに幸先の良い機会です。

 

さて、UAV SHOW初日から、抜き打ちでしたがボルドーやアキテーヌのエグゼクティブやメディア関係者に対し、ショートプレゼンを行う栄誉にあずかりました。ブースにはひっきりなしにビジターが来ています。

 

私は弊社ソリューションについて、同行のFDC平山さんは九州ドローンコンソーシアムについてそれぞれ説明。ちなみに日本からUAV_SHOW へのブース出展経験は、初代参加、東京大学の次、弊社は二番目のようです。

 

二日目は会場のブースを回って情報収集でした。正直、日本との力の差を見せつけられました。洗練された様々なソリューションが多数。そもそも日本は法制化されてまだ一年目ですが、フランスは四年前から制度が整っています。よりマーケットが成熟しているのは当たり前。

 

産官学連携のドローンエコシステムという点ではおそらく世界最先端です。本当に驚きの連続です。写真は昨日の取材のハイライト。VIP陣の前で必死に話してます。

 

UAV SHOWの参加とは別に、"Camp de Souge"、ボルドーが誇る郊外の巨大ドローン実験場にも行きました。さらに砂浜を使用した、飛行可能距離50km、高さ1kmの飛行場もあるというから驚きです。福岡にも是非欲しいです、このような場所が。

 

 

 

 

 

Please reload

関連記事
Please reload

特集記事

ドローンを飛ばせる場所をシェアする | sora:share リリース

March 27, 2018

1/10
Please reload

アーカイブ
Please reload

© 2019 by TrueBizon,ltd.