種類株式の謄本登録も完了

初!10万円の印紙を貼る作業。法務局に通いつめる事、三度目。ようやく自分で謄本変更を完了しました。後は補正指示が来ないのを祈るのみです。


取締役就任の謄本登録は簡単でしたが、種類株式に関しては、正直かなり難しかったです。

そもそも優先株式を発行できる会社では無かったので、株主総会でその決議を行い、種類株式を発行可能に。

さらに種類株式の内容の決議を取り、それを発行して、資本金を書き換える。その際に調達額の二分の一を資本準備金に入れるなど、、、結構いろいろ。


結果、メンバーと一緒にネットで調べたのと、法務局のアドバイザーを使い倒す事で自分達でできました!アドバイザー様々。


調達ありきのスタートアップを立ち上げるなら、最初から優先株を発行できるようにしていた方がいいですね。株式分割も面倒くさいので、最初から一万株以上にしていた方が良さそう。など、いろいろと勉強になりました。

やってみないと、分からない。分からなければ自信を持って活動できない。やはり、知る者と知らざる者の差がつく分野なのだと、つくづく思います。




アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.