物流用空路「空の道」とスカイドメインの役割

「空の道」を登録して、誰もがいつでも呼び出して利用できる。通常、ドローン空路の設定は各企業のアプリの中に保存されていますが、この状況は様々なリスクを孕みます。


私は世界共有の空のURLが必要だと考えており、これこそが”スカイドメイン”の果たす役割になります。昨日の「空域調査業務」では、実際に許可をとった「空路直下」を3Dモデル化、安全高度、電波強度を確認し、空の道にお墨付きを与えて、スカイドメインを発行!


安心安全では無い「空の道」は、保険をつける側からすると危なっかしいので、認定しません。特に地上の生活者を無視したものは今後ヤバイことになります。


もうフローは確立できたので、あとはガンガン敷設するのみ!2021年は劇的に忙しくなる予感。スカイディベロパー(空の共同開拓者)は各地に随時募集しますので、物流ドローンを運用可能な方は、よろしくお願いします。


ソラシェアやスカイドメインの仕組みの詳細はこちら




アーカイブ