多久市にてドローン配送PoCを実施します。

プレスリリースはこちらです。「世界中の空を利用可能にする」ためのsora:share導火線(第一弾)に、火花を放ちました!多久市上空シェアにつきましては、協定を締結してまちづくり協議会と進めていたわけですが、実は本件、ダイバーシティ溢れるオープンイノベーションになっています。


「空」という点から見ると、農地のJAグループ、森林のJForestグループ、そして送電線を使った上空インフラを管理する九電。これらの団体と自治体、地場企業(まちづくり協議会)、sora:shareが連携することで、「空の道」開拓を一気に推進できるのです。


町の皆様が一丸となって開拓した「空の道」は、ご要望があれば様々な分野の企業、団体様(審査有り)にご利用頂けるように今後空の「民主化」を推進します。


これこそ”空を使った町おこし”、上空シェアリング・産業誘致ではないでしょうか。まずは空の道”こけら落とし”として、来週開けに実証実験を実施します。(コロナ対策のため、見学者は限定しております。)






アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.