国土交通省 航空局等職員様向け意見交換会にて講師登壇

これからスタートするドローンの免許制度に機体登録制度。レベル4飛行実現に向けて、業界全体が動き始めます。

トルビズオンは、国交省認定団体である一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会が管理する、講習団体RUSEAの福岡支部を努めています。そのご縁もあり、同意見交換会にて講師登壇致しました。


DPCA Webサイトより引用


【 WORK 】 国土交通省 航空局等職員様向け 視察ならびに操縦体験、意見交換を実施 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度、国土交通省航空局からのご依頼で レベル4を見据えた座学ならびに 操縦技能講習モデルのデモンストレーションを 千葉市内の講習会場にて行いました。

当日は、国土交通省航空局の海谷次長はじめ、 航空局等職員の皆様に約2時間にわたり、 視察ならびに操縦体験、意見交換を行わせていただきました。

現在、国では2022年度の無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)に向け制度設計に取り組まれています。

また、「無人航空機の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の実現に向けた検討小委員会」を設け、新しいルール作りに着手しています。

DPCAも本日よりレベル4を見据え、 実技内容を拡充した運用管理講習をスタート。

今後、目視外飛行・自動航行・安全運航管理・撮影方法を 標準化した教習内容を推進してまいります。

DPCAの講習の強みは以下であり、この度、航空局の方々に当団体の強みを認識頂くことができました。

① 全国レベルでの自治体、大学、 消防・警察・自衛隊、企業との連携と講習実績

② コーチモードでの実技指導を実現

③ 厳格な基準を設けたインストラクター認定制度による 高いレベルでの指導力

④ 現場経験に基づいて創られた先進的な講習プログラム

⑤全国で統一されている講習設定金額の妥当性

今後も継続的に国土交通省航空局と意見交換を重ねて、 RUSEAをはじめとした全国の傘下講習団体にて 更なる講習内容のレベルアップを行ってまいります。