十勝にてスタートアップ・ワーケーション体験

十勝ワーケーションの一場面です。昼はインターステラテクノロジズ見学からの、広大な草原でのNDA契約書の確認とプレゼン資料の作成。


その後、snow peak 十勝ポロシリキャンプ場へ。キャンプファイヤー談義ではKips投資先の先輩経営者から、様々な生きた知恵を学びました。


キーワードベースでメモると。

「詰将棋のような経営」 「データ・ファクトベースの意思決定」 「超高速リーン開発」 「経営の役割と責任」 「コロナ禍のサバイバル」 「資金調達トップセールス術」 「起業家・ゴロニャンスキル」 「スタートアップに必須の性格」


いろいろと議論しました。各自得意分野があり尊敬しましたが、同時に自分の強みも再認識できました。それが「新産業」を立ち上げるという、壮大な旗です。


その強みを活かせるように、次なる戦略へ繋ぎます。コロナ禍から始まり、米中関係悪化、首相の辞任と社会は混迷を極めています。


しかしそのような状況の中でも、一度掲げた旗は下ろしません。むしろ、その混迷こそがチャンスになる可能性が大。この学びを活かして明日への糧とします。2021年、約束の地「十勝」にて、またこの仲間たちと再会するために。




アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.