不動産系スタートアップ支援の登竜門Open Network Lab Resi-Techに、sora:shareが採択!

不動産系スタートアップ支援の登竜門、Open Network Lab Resi-Techに、sora:shareが採択されました。まさに空の不動産!ここから、大手不動産企業との協業可能性が開けます。





(プレスリリース) https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000199.000023393.html

(↓プレスリリースから一部引用) 株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)は、不動産関連スタートアップを対象としたグローバルな育成プログラム「Open Network Lab Resi-Tech( https://onlab.jp/programs/resitech/ )」を通じ、株式会社コスモスイニシア、株式会社竹中工務店、東急グループ、東京建物株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、野村不動産ホールディングス株式会社、阪急阪神不動産株式会社、三井不動産株式会社のパートナー企業8社とスタートアップ10社が共同実施する実証事業を支援します。

トルビズオンが担う役割についてはこちら↓

『ドローン空路の実現に向けた検討会の実施』 今後の規制緩和によりドローンの活用がより身近になる未来を見据え、生活者にとって安全で快適なドローンのある世界を目指します。パートナー企業との意見交換等を通じ、ドローン空路に対応したまちづくりやスマートシティのモデル構築を目指します。 (引用終わり)


アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.