下関の実験が、中日新聞にも掲載されました。

「空の道」実証実験のプレスリリースが、中部エリアにも飛び火しております。写真は中日新聞の記事です、他にも中部経済新聞などでも取り上げられました。PoCの主役である西濃運輸さん本社が中部エリアにあるのが影響したのでしょうか。


記事の左下側にあるように、中部でもドローンの実証は盛んですが、私有地を堂々と飛ばせるモデルはsora:shareならではです。一度民地に許可をとれば、実証実験が終わった後も利用可能なので、現段階では社会実装に最も近いモデルであると自負しています。


このように我々は、sora:shareによる「空撮用の空域取引」を経て、いよいよ大本命、"sora:share2.0"とも言える「物流空路の上空取引」を開始しました。セイノーHDさんを中心に小売、通信、機体メーカー、地権者団体とエコシステムを構築します。




アーカイブ