「明星和楽」の前夜祭で福岡、つくば両市長と。

福岡の高島市長とつくばの五十嵐市長とのトリオで!明日から始まるスタートアップの祭典「明星和楽」の前夜祭で、奇跡のショットを頂きました。


今年の5月に百万都市福岡でドローンの実証実験を終え、更に別モデルでつくば市にてPoCを控えていた矢先、両市長が明星和楽イベントに出演。Awabarでたまたま居合わせたので、ご無理を叶えて頂きました。


都市というものは、それぞれ環境が違えば課題も違うため、様々な条件で事業の実証(最新技術に対する社会受容性の確認)をしない事には、国家レベルでの社会実装を実現する事はできません。


スタートアップは実証実験を行うにあたり、単体では各自治体での実験結果をオープンにして更に議論を深める手段を持たないため、そのような枠組みが必要です。


しかし、このように各首長と自治体職員がしっかり連携する土壌があると、スタートアップに限らず、新規事業に関連する事業者にとってそれは大きな機会であり、価値となります。


今回のパネルのコーディネーションをされた、多都市間連携の調整を担うFDCのような組織、また国際レベルでそれを行う世界経済フォーラムなどの役割が大きくなっていくのだと改めて実感しました。


福岡市、つくば市、及び明星和楽の関係者の皆様に、心から感謝します。

我々sora:shareは「世界中の空を利用可能にする」というミッションを掲げ、これからも爆進します!




アーカイブ

© 2019 by TrueBizon,ltd.