トルビズオン、高速道路パーキングエリア(PA)店舗と連携した、ドローンによる農産物商品の補充及び近隣へのフードデリバリー実験を実施

株式会社トルビズオン(代表取締役社長:増本 衛、以下「トルビズオン」)は、西日本高速道路株式会社九州支社(福岡市、支社長:中村 順、以下「NEXCO西日本」)、笹川工建株式会社(代表:笹川 俊一、以下「笹川工建」)多久市まちづくり協議会(代表:飯盛康登、以下「協議会」)、多久市(市長:横尾 俊彦、以下「多久市」)の協力のもと、長崎自動車道多久西PA下り線近隣を拠点に、ドローンを活用したフードデリバリー等に関する実証実験を実施致しました。

1 多久市の社会課題解決と「空のまちおこし」

多久市は、佐賀県の中央に位置し、長崎自動車道多久インターチェンジがあり、交通の便がよい一方で過疎化が進み、人口の流出に歯止めがかからない現状にあります。そんな中で、同市が2020年より取り組んでいるのが、弊社が提供するソラシェアによりドローンの空路を町中に張り巡らせるプロジェクトです。物流の人手不足や一次産業の担い手不足等の社会課題を解決することを狙い、ドローンの利活用を推進するために「空の町おこし」を進めています。


2 全国初となる高速道路PAと連携したドローン配送

今まで弊社は多久市や協議会と共同して、多久市内に「空の道」を敷設して参りましたが、この度、全国初の取り組みとして多久市内に存する高速道路PA近隣とドローン空路を繋ぎ、ドローンによるPA配送の実験を行いました。


3 実証実験概要

■日時:2022年2月11日(祝・金曜) 14時30分~16時00分


■場所:多久市西多久エリア

ドローン飛行離発着場所:多久市梅野地区、多久西PA周辺のドローンポート、西渓公園

飛行ルート:下図参照


■実験内容:

①多久みかんの産地「梅野地区」から多久西PAへドローンによる農産物品の補充

②ドローンによるフードデリバリーサービスの検証(多久西PA・からあげ弁当)

③公民館近くの公園から梅野地区へ防災食のドローン配送訓練

④sora:shareを活用したドローン航行に対する社会受容確保

-離発着便数…計3便

-使用機体…マルチコプター型ドローン(DJI M300)

-搬送重量…1.5kg

-搬送距離…合計約6km


■今回の実証実験の配送ルート


■左から実証実験で使用した機体(DJI M300)と多久市まちづくり協議会のメンバー


■左からモテナスに補充されるみかん、唐揚げ弁当を楽しむお客様、防災食空輸訓練


◆実証実験参加団体

(実施主体)

・株式会社トルビズオン…アドバイザリー、上空シェアリングsora:shareの提供

・NEXCO西日本…多久西PAとの連携、モテナスの食品提供

・笹川工建株式会社…ドローン配送機体及び、オペレーションの提供

・多久市まちづくり協議会…ドローン安全運行管理、プロジェクト管理

・多久市…全般支援