九州初開催!

ドローンオープンソースARDUPILOTを使用した

ドローンソフトウェアエンジニア養成塾

第5期 2018.4.15(日)START

開催地:福岡/軽井沢

全日程:4/15(日),5/6(日),5/20(日),6/3(日),6/17(日),7/1(日)

インフラ点検・農林水産・観光・防災など、

​様々な分野でドローンが活用される中、

ドローンの手動操作の知識だけでは、

事業を差別化できなくなってきています。

オープンソースの「ARDUPILOT」を用いて

自律飛行・群制御・衝突回避などの

"ドローンプログラミング"の基礎を学び、

ドローンソフト開発を始めましょう!

そもそもドローンプログラミングって?

ドローンを構成する要素のうち、プログラミングすることが可能なものは、

大きく、機体・操縦アプリ・クラウド​の3つに分けられます。

機体のプログラミングは機体制御や衝突回避、ペイロード管理など、

操縦アプリでは自動航行、カメラ制御、飛行ログ解析など、

クラウド上においては航行管理や管制システムなどで活用されます。

このようにドローンプログラミングは、

ドローン産業の発展において非常に重要なスキルと言えます。

それにも関わらず、ドローンプログラミングのノウハウは、

一部のメーカー社内などでブラックボックス化されています。

そのような現状を危惧したドローン・ジャパンの春原氏らが、

ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を2年前から立ち上げ、

今年からは​東京、京都、仙台、そして福岡の4都市に展開することになりました。

全国で延べ170名が卒業!

本格ドローンプログラミングのスキルを

毎月第一・第三日曜日、合計6回に凝縮。

三ヶ月で学べます。​(コーディング有)

最近、巷ではドローンプログラミングの講座も見かけます。

しかしその内容をよく見てみると、

「Airblock」や「Parrot Mambo」などを使用した、

いわゆるトイドローンを動かすための簡単なものが多いのが事実です。

​当講座はそれらとは一線を画す、プロフェショナル講座です。

講師はドローンプログラミングの世界的権威、

ジャパン・ドローンズのRandy Mackay氏他。

講座の対象者はシステム会社やスタートアップ企業のエンジニア等、

Java,Python,C++などプログラミングの知識をお持ちの方。

自動航行ソフトの使い方など一部メニューにおいては、

その概要を理解するために非エンジニアが受講することも可能です。

ドローンの機体やアプリ、クラウドをプログラミングし、

今後伸びゆくドローン産業の担い手へと成長するための第一歩を。

ドローンエンジニアとしてのキャリアを踏み出すために、

是非、この講座で学びましょう!

 

Drone

Software 

Development

全日程:

4/15(日)軽井沢/福岡

5/6  (日)福岡

5/20(日)福岡

6/3  (日)福岡

6/17(日)福岡

7/1  (日)福岡

ドローンソフトウェアエンジニア養成塾

Ⅰ.Ardupilotプロフェショナルオペレーターコース

 自動航行ソフトのオペレーショントレーニング

全六回 100,000円(税別)4/15,5/6,5/20,6/3,6/17,7/1

Ⅱ.Ardupilotアプリケーションディベロッパーコース

 Ardupilot基礎、DroneKitプログラミング

全六回 120,000円(税別)4/15,5/6,5/20,6/3,6/17,7/1

全三回 80,000円(税別)4/15,5/20,6/17

Ⅲ.Ardupilotフライトコードプログラミングコース

 Ardupilotプログラミング

ドローンソフトウェアエンジニア養成塾

第5期・​福岡校・​​​始動

 

​お問い合わせ先:info@truebizon.com

© 2019 by TrueBizon,ltd.