sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

July 31, 2017

TECH::CAMPイナズマの卒業式。

一週間、キャンプのある福岡市の親不孝通りに通い詰め、RUBYによるWEBプログラミングを一通り学び終えました。プロトタイプも完成して良かった。

もちろん記念受験ではないので、引き続きシステム開発の修練を続けています。実際にプロトタイプをリリースして感じた、現時点での不足点。

1.サーバ運用
サーバ運用はまた別の技術。広く一般公開するアプリのため、バグ対応や要望の取り込みなどの対応をしつつ、セキュリティやデータ管理を行う必要がありそうです。データ使用量を見ながらクラウドやネットワークのサービスを柔軟に...

July 30, 2017

DPCA(ドローン撮影クリエイターズ協会)として、建築企画コム・フォレスト様の木造建築をドローンで撮影。下広川小学校改築・見学会用のPVを制作しました。

福岡県下広川小学校は、地域の木材を使用した完全木造建築として生まれ変わります。公共物件を地域の木材で建て変えるのは、国策でもあるようです。まさに、地方創生!

木造建築の魅力を、ドローンを使ってあらゆる方向から撮影しました。木目の美しさは温かみを醸し出し、そこにはデザイナーのこだわりと技術が伺えます。

July 29, 2017

TECH::CAMPイナズマDay7。

いよいよ最後の日です。この七日間、本当に勉強になりました。

何か実現したい事があれば、その処理をプログラミングし、必要なインプットを入れ、アウトプットを出力すればいいだけ。入力→計算→出力、これが付加価値を生み出します。他の人間活動でも変わりませんよね。

種を蒔き→育て→収穫する
材料を入れ→加工し→製品にする
仕入れ→販売し→利益を得る
投資して→仕事させ→回収する

この真ん中の部分をコンピュータにさせるとき、そことのコミュニケーションにプログラミング言語が介在するのです。極論すれば、命令するための...

July 28, 2017

TECH::CAMPイナズマDay6。

昨日の段階で主要カリキュラムを終えました。

残り2日はオリジナルアプリのリリースに向けて調整します。

さて、昨日あたりから余裕が出て、カリキュラム以外の事にも興味を持ち、メンターさんに質問しています。そこで興味深いのはエンジニアの思考です。

今まで、エンジニアとの交流は少なかったのですが、共通の話題ができるとかなり盛り上がります。特にこの三点は重要!

1)こだわりの開発環境
お気に入りの開発エディタや見た目のかっこよさなどの各種設定。便利なミニアプリやショートカット。エンジニアからすれば開発が全てなので...

July 27, 2017

TECH::CAMPイナズマDay5@通学中。

昨日の失敗を穴埋めするため、睡眠時間を削り、ようやく2/3をリカバリ。

とにかく、眠い。二次災害に気をつけよう。

最近、自動ドローンを建築現場で活用するトレンドがあります。これは現場の自動化を促進し、工期短縮、生産性向上を狙うもので、私も何度か現場に入りました。

そこで考えたのですが、Webプログラミングはまさに建築現場です。ブロック積みのように骨格をRuby on Railsで作り、装飾をCSSやJavaScriptで行う。

基礎をしっかり作らないと脆弱な構造になり、地震に耐えられないし、強盗...

July 26, 2017

TECH::CAMPイナズマコースDay4終了。

絶望の稲妻が心に鳴り響く!!

GITの保存ミスとファイルの上書きが重なり、大切なアプリファイルがダメになった。

BootstrapやHerokuの素晴らしさに感動し舞い上がったのが悪かったのか、無休憩だったのが集中力を悪化させたのか。とにかくマズイ状況です。

さらに、分かったつもりで分かっていなかった事が次々と判明。そこを理解するために復習しつつ、モタモタしています。結局、JavaScript、JQuery、Ajaxも覚える必要があるし...

明日から挽回できるのかな?

July 25, 2017

TECH::CAMPイナズマコースDay3。

写経(プログラムをひたすら書き移す練習)を卒業し、オリジナルアプリ開発に突入!

そして、イナズマに打たれたかのような衝撃を受けました。プログラミングの面白さに気付いたのです!!オリジナルアプリとなると、今までやらされ感満載だった全ての作業が、丸ごと感動に変わります。

たかがGEMのインストールが、データベースの立ち上げが、ルーティングの設計が、GITの分岐が、面白くて仕方がない。コントローラに設定するdef 関数が、もう可愛くて可愛くて。

オリジナルアプリでは、全ての作業が当事者意識です。1秒も...

July 24, 2017

TECH::CAMPイナズマコースDay2。

始まって三時間なのに、もう目眩が…。よく考えたらランチがまだでした。

そこで一時抜け出し、近くの中華料理「侑久上海」で一休み。辛目の麻婆豆腐丼に、しばし癒されております。

最初は分からない事をその都度聞きながら進めていましたが、レベルが進んでくるとその頻度が高くなりました。そのうち、全てを理解する必要も無い事が分かりました。

今は分からない事は「呪文のようなもの」と理解し、基本を押さえつつ、全体のワークを完成させる事を心がけています。

それにしても、単純エラーがツライ。文字の書き間違え、記号の抜け...

July 23, 2017

TECH::CAMPイナズマDay1。

プログラミングで、初心者がつまずく第一要因に環境構築(プログラミングを始める準備:PCの設定等)があるそうです。

かつて高齢者向けのスマホ・SNS講座をやっていた時もそうでした。アプリのインストールとか、慣れない人には最初が一番難しい。ドローンもそうです。

TECH::CAMPでは、その辺りのサポートがよくできています。何か気になったらすぐにメンターを呼んで、直接聞ける。これはイイです。最初は五分に一回呼んでましたが、そのうち回数も少なくなります。

慣れてくれば何ということは無い、だいたい予測もつきま...

July 23, 2017

今日から、プログラミングスクール"TECH::CAMP"に通います。

内容はメインの言語にRuby、HTML&CSS、Ruby on Rails、余裕があれば他にも色々あるらしい。

通常は一ヶ月のコースですが、イナズマコースという一週間で詰めこむカリキュラムを選びました。まさに、イナズマ!!

ここで基礎を学べば、大きく可能性が開けます。

なぜ、社長自らがプログラミングを学ぶ必要があるのか、、、周囲にいろいろ疑問も持たれましたが、ご存知の通りスタートアップはリソースが少ないのです^^;

最低でもサービスのプロトタイピングは、自作する必要がある事...

July 19, 2017

本日の国連ハビタット福岡本部設立20周年イベント、パネリストとして無事登壇しました。記念に、クロス事務局長とのツーショット。ちなみにクロスさんのネクタイは、福岡市長から贈られた博多織のネクタイだとか。

さて、今回のテーマは「持続可能なまちづくり」でした。ドローン起業家としての私の論点は、新技術を使ってどのように防災・減災を実現し、サステイナブルな社会を作るか、という切り口でした。気候変動の激しい昨今、災害がもたらす破壊はサスティナビリティを揺るがす脅威そのものです。

そこで朝倉被災地空撮の件をとりあげました。確かに最初のフェーズでは状況...

July 17, 2017

台中に、良いドローンサプライヤーが存在すると聞いて。

なんと、自社オリジナルドローン(しかも固定翼)を開発可能なのです。

さすが、世界に名だたるOEM天国・台湾!

ビジネス交渉は、台湾が親日で地理的にも近いという安心感もあり、深圳やサンフランシスコより楽かも。導入には、日本の法律、特に電波法が鍵になりそうです。

July 14, 2017

Hello, Taiwan!! 今週末は台湾へ。

九州大学地域政策デザイナー講座のフィールドワーク及び現地ドローン企業へのアプローチです。

ここ10日間、被災地に出入りし続けておりましたので肉体的、精神的にも疲労気味でした。モードチェンジして、グローバルビジネスの可能性を開いてきます。

July 12, 2017

今日はFUKUOKA GROWTH NEXTで、福岡大学とトルビズオンの産学連携プロジェクト。「FUKUOKA STARTUP DRONE」というタイトルでのワークショップです!

公募した社会人と学生の混成チームで「観光xドローン」をテーマにアイデアソンをしました。ワークショップで使用したフレームワークは、バリュープロポジションデザイン

参加者層は社会人から学生まで、老弱男女幅広い顔ぶれ。一通り説明した後で、5組に分かれ、観光にドローンをどう活用するか、というテーマでディスカッションし、最後はビジネスプランを発表して頂きました。

たった...

July 10, 2017

被害甚大被災地ドローン調査についてのお問い合わせがありましたので、この記事にてまとめてお答えします。不要不急のドローン飛行は、国交省も注意喚起しております。( http://bit.ly/2s4xr8e )

飛行目的)
国や自治体から要請された者だけが、被害状況を確認するために行う。(救助や搬送はヘリの役割。本番環境でのドローン活用は、現状困難。)なお、通常の国土交通省無人航空機の飛行包括申請を持っているだけでは、原則飛行不可能。ドローンのむやみな飛行が、ヘリや航空機による捜索活動を阻害するため。

被災現場までのアプローチ)
...

Please reload

特集記事

ドローンを飛ばせる場所をシェアする | sora:share リリース

March 27, 2018

1/10
Please reload

過去記事