sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

May 28, 2019

Fukuoka Smart East実証実験は大成功!!!高島市長はじめ、関係者の皆様とドローンを囲んだ勝利の記念写真。

100万都市中心部にて自動操縦によるドローン目視外飛行、陸から空への配送連携、地権者調整、これら三つの要素を組み合わせ、社会実装に極めて近い形で行った実験は日本初でした。

当プロジェクトは、まさにオープンイノベーションの成果でした。実施主体の弊社トルビズオン、ACSL、セイノーHDは数多のミーティングを重ね、各種調整を行いました。

また、実証実験の開催について、福岡市役所、九州大学、UR、FDC、住民の皆様の協力を得た...

May 21, 2019

福岡市役所での記者会見、市長の隣での答弁は初体験!内容は、来週"Fukuoka Smart East PoC"にて、配送ロボットからドローンを離陸させ目視外飛行、陸から空へのシームレスな無人ドローン物流実験を実施する件について。

このような実験は(陸から空への自動配送連携+大都市部目視外飛行+ルート空域の視覚化)、福岡市のような100万都市中心部では初です。弊社は当PoCの代表事業者で、sora:shareによる空域管理を役割として参画します。

Yahooのヘッドラインにも、当ニュースが登場してます。soa:shareによる大都市のドロ...

March 22, 2019

福岡市のスマートシティ勉強会に登壇しました。弊社(エアロネクスト、大手物流企業合同)で提出したプロジェクトがFukuoka Smart East PoC Programに採択されて。

スマートシティに興味を持つ大手企業の方や自治体関係者に向けて、sora:shareや、そのドローン物流用途についてのビジョンをお話ししました。

現在のsora:shareβ版は、主に空撮、訓練、実験での空域活用に対応しておりますが、本命は物流空路です。点の空域を線に、面に広げる施策がポイントです。

特に三次元空間をフル活用するドローンスマートシティの構想にお...

February 23, 2018

福岡市と台北市のスタートアップ連携協定から一年。そのさらに一年前に福岡市の支援で行われた、スタートアップイベント”Ideas Show”のブース展示から全てが始まりました。

登壇したのは、その際にブースを出した企業です。途中、福岡市長もサプライズ登場され、熱いエールを送って頂き、嬉しかったです。

ここで私は、自社が台湾進出したというよりは、台湾企業Golfaceが日本進出する際に、ゴルフ場の空撮をお手伝いした例をメインに話しました。

国際ビジネスを進めるにあたり、重要なのは信頼関係。全てのビジネスの基本ですが、文化が違うと常識が違うし、暗...

January 17, 2018

もしも、親が、パートナーが、子供が倒れたら、、、

一刻を争う救急患者を救うために、救急車が到着するまでのわずかな間に...

やっておくべき、応急手当がある。

この「救命応急手当」を学ぶ講座、なんと無料で受講できます!!

子供の頃に習った記憶はあるけど、正しいやり方を思い出せません^^;

全国の消防本部や消防署等で無料で学ぶことができる救命講習(救命入門、普通救命講習Ⅰ、普通救命講習Ⅱ、普通救命講習Ⅲ、上級救命講習、応急手当普及員講習など)は、なんと無料です。

防災士になるためには、この講座の中でも「普通救命講習Ⅰ」などの取得が必要です。しかしむ...

December 23, 2017

昨日、博多湾マリエラの船上でGolface CEOのIanと久しぶりに語りました。Golfaceの素晴らしいビジョンと行動を讃えながら。

彼らとのプロジェクトを振り返ると様々ありますが、中でも思い出に残るのは、福岡市と台北市のスタートアップに関するMOUです。

あれからまだ一年経ってませんが、今回一つのムーブメントが起きました。弊社も入居するFukuoka Growth Nextに彼らも拠点を構えたので、オフィスも近く、スタートアップのとしての機動力をフル発揮できました。

福岡市も台北市も、スタートアップ支援に力を入れる勢いのある都市です...

December 21, 2017

今、九州のプレイヤーに必要なのは、この東シナ海の視点ではないでしょうか?

大陸との物理的距離の観点から、沖縄、五島、対馬など、離島が重要な役割を担いそうです。そしてまた、台湾や済州を絡めて何をするか。

想像が広がります。

December 5, 2017

高島市長の市政報告会に参加しました。

「アジアのリーダー都市、福岡。これから福岡時代を創る!」という市長の宣言が、今でも頭にこだましています。圧倒的、熱狂的な一時間半。

市長から参加者への最後のメッセージは、「次はあなたの番です!」。

何をするにも主体性が、重要だと、再確認しました!

写真は、FDCの皆さまと。

November 7, 2017

今日は福岡市のスタートアップセレクション。昨年は私も登壇して、NEXCO西日本さんとのコラボ事例をここで発表。そこからドローンのビジネスプラットホーム「九州ドローンコンソーシアム(KDC)」を盛り上げた。現在地場大手、全国企業、世界企業までも参画され、進化し続けています。ベンチャーと大企業がコラボすると本当に面白いです。

ちなみに動画は麻生情報ビジネス専門学校の学生に制作して頂いた、新設Webサイト( http://kyushudrone.com/ )。動画を大胆に取り入れた、ダイナミックなサイトに仕上がりました。

これらの連...

October 6, 2017

福岡地域戦略推進協議会(FDC)の観光部会に出席して。九州ドローンコンソーシアム(KDC)内にも観光WGがあるわけですが、部会の動きも知りたかったので参画しました。

結論言うと、非常に良かったです。KDC側はツールからの発想なので、ドローンで何ができる?という考えです。しかし当部会は観光事業モデルから考えているので、私からするとシーズとニーズの二つの方向に視野が広がりました。

ブレストの中で観光地の課題(マーケティング、決済、異文化・言語、担い手、リスク)が見え、また良いアイデアも浮かびました。ドローン x 観光ビジネスに、新展開が開け...

July 19, 2017

本日の国連ハビタット福岡本部設立20周年イベント、パネリストとして無事登壇しました。記念に、クロス事務局長とのツーショット。ちなみにクロスさんのネクタイは、福岡市長から贈られた博多織のネクタイだとか。

さて、今回のテーマは「持続可能なまちづくり」でした。ドローン起業家としての私の論点は、新技術を使ってどのように防災・減災を実現し、サステイナブルな社会を作るか、という切り口でした。気候変動の激しい昨今、災害がもたらす破壊はサスティナビリティを揺るがす脅威そのものです。

そこで朝倉被災地空撮の件をとりあげました。確かに最初のフェーズでは状況...

July 12, 2017

今日はFUKUOKA GROWTH NEXTで、福岡大学とトルビズオンの産学連携プロジェクト。「FUKUOKA STARTUP DRONE」というタイトルでのワークショップです!

公募した社会人と学生の混成チームで「観光xドローン」をテーマにアイデアソンをしました。ワークショップで使用したフレームワークは、バリュープロポジションデザイン

参加者層は社会人から学生まで、老弱男女幅広い顔ぶれ。一通り説明した後で、5組に分かれ、観光にドローンをどう活用するか、というテーマでディスカッションし、最後はビジネスプランを発表して頂きました。

たった...

June 7, 2017

弊社で、福岡市植物園の空撮を行いました。

編集した動画は福岡市植物園の公式YouTubeサイトに掲載されています。

June 2, 2017

平成28年度福岡県IoTビジネスモデル先進事例調査報告書に、弊社ドローンビジネスの事例を掲載して頂きました。今日は、その冊子発刊のお披露目会的なセミナーになります。

リンク先から誰でも見ることができるので、興味ある方は是非読んでみて下さい。

弊社の教育事業についてや、九州ドローンコンソーシアム立ち上げの経緯などにも触れています。

当セミナーでは私も急遽お話しすることになりましたが、他社のIoT事例が非常に勉強になりました。結局、ドローンも一つのツールにすぎないので、他のハードやソフトとの組み合わせが重要になります。

さまざまな社会問題を新し...

May 28, 2017

今年も福岡市主催、西海岸ベイエリアへの起業家ツアー(Global Challenge)が開催決定!事前説明会は数回に分けて開催されますが、私は6/7にスピーカーで登壇します。

最初に、福岡市長や福岡市の起業家仲間と訪問した時、衝撃を受けたベイエリアのスタートアップ・エコシステム。さらに、昨年度の同ツアーを経験し、ビジネス機会に繋げたストーリーをご紹介する予定です。

起業家が、ベイエリアに行く意義とは?

何を目標に行くべきなのか?

ツアー参加の費用対効果は?

今なら、様々な観点から説明できると思います。

残念ながら、私は6/7しか参加できませんが...

Please reload

特集記事

ドローンを飛ばせる場所をシェアする | sora:share リリース

March 27, 2018

1/10
Please reload

過去記事