sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

May 21, 2019

福岡市役所での記者会見、市長の隣での答弁は初体験!内容は、来週"Fukuoka Smart East PoC"にて、配送ロボットからドローンを離陸させ目視外飛行、陸から空へのシームレスな無人ドローン物流実験を実施する件について。

このような実験は(陸から空への自動配送連携+大都市部目視外飛行+ルート空域の視覚化)、福岡市のような100万都市中心部では初です。弊社は当PoCの代表事業者で、sora:shareによる空域管理を役割として参画します。

Yahooのヘッドラインにも、当ニュースが登場してます。soa:shareによる大都市のドロ...

April 25, 2018

今日は二つの先端セミナーをはしご。午前中は福岡市「ブロックチェーンによる分散エネルギー情報基盤アライアンス」のキックオフセミナー。

仮想通貨のコア技術をエネルギーに転用する「Beyond Blockchain One」の提案がありました。

ブロックチェーンの本質は、「囲い込みではなく、情報をオープンにして利用を拡大する力」だという事で、このフレームは全ての価値移動(及び契約)に使えます。

二番目のイベントが九州大学の「地域政策デザイナー養成講座」。

Society5.0の世界から見た、我が国の地域政策デザインをどうすべきか?かなり挑戦的なテ...

March 12, 2018


西南学院大学にて、ボランティアセンター所属学生向けのSNS講座を実施しました。

現在、弊社の主要ビジネスはドローン関連ですが、ソーシャルメディアの利活用も私の専門分野のひとつです。

二時間で、ソーシャルメディア概要、リスクマネジメント、コンテンツ・ブランド・マーケティング戦略、クラウドファンディングから社会起業まで、網羅的に説明し、情報発信戦略策定のワークショップもやりました。

なので、慣れない学生さんにとっては消化不良かと思いきや、しっかり学んで頂きました。居残りして熱心に質問をする学生さんもいて、講師冥利に尽きました。

最近の学生さん...

January 13, 2018

QBS(九大ビジネス・スクール)15周年記念イベントに参加しました。
九経連会長麻生さんの基調講演、素晴らしかったです。

会長のミッションは「九州から日本を動かす」。

伸びゆくアジアに位置する九州の強みを発揮して、インバウンドビジネスや農水産物の輸出に取り組む。これを九州の財界のトップとして、担っていらっしゃいます。講演の最後に、会場からの質問を受け付けられたので、僭越ながら質問させて頂きました。

「ミッションの作り方を、教えてください。」

この問いに対して、麻生さんから2つのアイデアを授けて頂きました。

1. 「未来からの反...

January 6, 2018

母校、九州大学ビジネススクール(QBS)の15周年記念講演が来週に迫りました。私が10期生だったので、もうすぐ五年間が経過する事になります。

64単位フルで履修し、毎週月曜から金曜までの夜間、また時には土日も潰して通い詰めた大学院生活が、今となれば懐かしいです(当時の記録を綴ったブログはこちらのリンク)。

いわゆる経営学修士MBAのカリキュラム自体は、基礎として最低限習得すべき学びでしたが、地元九州における産学連携や地域政策デザイン、起業論などが、今の自分には役立っています。

どう役立つのかと言うと、企業連携の場においてです。手前味噌なが...

December 12, 2017

ここ最近、志を同じくする地場企業やスタートアップとの合同事業、また大学や自治体など、非営利セクターとの連携プロジェクトなどにも関わる事が多い。世の中ではこのような動きをオープンイノベーションと言うが、単に事業提携と呼ぶのが分かりやすい。

一見遠回りなようだが、自社の成長に対して、ジワジワとプラスの影響が出ている。連携の根本には、社会課題の解決を切り口とした動きや、新たに芽生え始めている事業機会を「皆で狙う」といった、WinWinを目指すロジックがある。

ひと昔前までは、このような連携を成立させるには苦労していたと聞く。しかし、今はそれが...

December 5, 2017

FDC会員限定スペシャルイベント「FCAJ2017in福岡」に参加しています。

世界のオープンイノベーションのトレンドや、国内での取り組み事例など、勉強になります。

エクスカーションセッションでは、「大企業×スタートアップでできること(ドローンの部)」において、自社や九州ドローンコンソーシアム(KDC)での取り組みをお話ししました。

その後、ドローンに興味のある方々が集まり、フューチャーセンター式のワークショップを行いました。KDCを良くするために何が必要なのかを考えたのですが、ほんの1時間で素晴らしい気づきを得ることができました。

December 4, 2017

九州産業大学、経営学部のベンチャービジネス論というクラスで講演しました。テーマは、ドローンスタートアップについて。

今回は自分の大学時代のエピソードから始まり、何を考え、どのようなプロセスで起業に至ったのかを詳細に話しました。サラリーマンと起業家の違いなどに焦点を当てて。

また、なぜドローンの領域を狙ったのかとか、事業展開に用いた戦略とか、込み入った内容もご紹介。多少早口でしたが、今の自分や起業、ドローンビジネスについて、網羅的に話せたと思います。

まだ偉そうに語ってはいけないのですが、最後は起業家としての心構え、特に覚悟とか、行動の大切...

October 15, 2017

『リーダーが定めるべき覚悟、それをたった一つ挙げるとしたら、「死生観」だ。』

G1九州、最後のセッション田坂広志先生のご講演があまりにも素晴らしかったので、ここでシェアします。経営者は、部下や社員の人生を預かる者。そのためには、命に対する深い眼差しが必要だということです。

我々は死生観を得るための前提として、人生における三つの真実をまず認識しなければならない。

①人は必ず死ぬ
②人生は一度きり
③人はいつ死ぬかわからない

この事実を我々は認識して生きているだろうか。人はいつか死ぬ。当たり前のことだが、ともすれば人はそれを忘れようとする。下手...

October 14, 2017

ご縁を頂き、完全紹介制のG1九州に参加しました!!

今回の開催地は、なんとハウステンボス。

参加者の皆様を眺めると、何れも福岡、九州を代表するような企業の経営者。

(経営者や組織の代表者以外は入れないようです。)本当に、気が引き締まる思いでした。

G1サミットはグロービス大学院が支援する活動で、そのコンセプトには、【今後の日本・世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場を提供する「日本版のダボス会議」です。】と紹介されています。九州における起業・観光・農業など、興味深い分科会が盛りだくさんで、その例えに恥じぬ、プログラムでした。

集った皆...

July 14, 2017

Hello, Taiwan!! 今週末は台湾へ。

九州大学地域政策デザイナー講座のフィールドワーク及び現地ドローン企業へのアプローチです。

ここ10日間、被災地に出入りし続けておりましたので肉体的、精神的にも疲労気味でした。モードチェンジして、グローバルビジネスの可能性を開いてきます。

July 3, 2017

スタートアップカフェでドローンイベント、"Fukuoka Startup Drone"を開催します。

福岡大学飛田先生のゼミ生とのコラボで実現しました。

先日、同会場で行われた"Global Startup Drone MeetFes"からのムーブメントを引き継げたらなと、学生の皆さまをインターンとして受け入れて企画しました。

今後の展開も含め、是非応援を宜しくお願い致します。

June 12, 2017

九州ドローンコンソーシアム発の教育連携プロジェクト、麻生情報ビジネス専門学校さんで打ち合わせを行いました。

Webクリエイターを目指す学生が、取材や制作を通してドローンやそのビジネスについて学びます。具体的にはドローンや産学官連携のコンソーシアムの仕組みなどを知って頂き、そのホームページの制作を課題とするといった内容です。

近年、話題を集めているアクティブラーニングという手法で、社会課題などに興味をもってそれを解決するための頭の使い方を学ぶもので、私としては非常に関心の高い取り組みです。

このようなカタチで、関わることができて非常に嬉しい...

June 3, 2017

スタートアップウィークエンド九州大学にコーチとして参加しました。

このイベントは、私が大学院時代(九州大学ビジネススクール)に現役でよく参加していました。週末の金土日の三日間で、学生、社会人、NPO団体など様々な業界から集まった初対面の仲間たちとチームを作り、ビジネスを考え、最後は投資家の前で発表するというイベントです。

今回は、そのプログラムを全て英語で行うという一段ハードルが高い内容になっていましたが、何とかコーチをつとめることができました。最近、英語をさぼっていたので時々怪しいところもありましたが、このプログラムで活用されるバリュ...

May 14, 2017

九大の地域政策デザイナー講座が、志賀島合宿を皮切りにスタートしました!

前回同様、ドローンデモも実施。

第8期は更にレベルがブレイクスルーしそうな予感。NTTDataユニバーシティ濱先生のファシリテーションは素晴らしい完成度でしたし、今期から、毎回「ケーススタディワーク」が組み込まれる。

私は今回もチューターとして関わるのですが、プログラムもさらに身が引き締まる、エキサイティングな仕様になっております。ソーシャルイノベーションツールを使った産官学民連携ケーススタディは、コロンブスの卵的発想で今後が楽しみです。

Please reload

特集記事

ドローンを飛ばせる場所をシェアする | sora:share リリース

March 27, 2018

1/10
Please reload

過去記事