sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

Fukuoka Smart East実証実験を実施

Fukuoka Smart East実証実験は大成功!!!高島市長はじめ、関係者の皆様とドローンを囲んだ勝利の記念写真。 100万都市中心部にて自動操縦によるドローン目視外飛行、陸から空への配送連携、地権者調整、これら三つの要素を組み合わせ、社会実装に極めて近い形で行った実験は日本初でした。 当プロジェクトは、まさにオープンイノベーションの成果でした。実施主体の弊社トルビズオン、ACSL、セイノーHDは数多のミーティングを重ね、各種調整を行いました。 また、実証実験の開催について、福岡市役所、九州大学、UR、FDC、住民の皆様の協力を得た、まさに産官学連携のプロジェクトで社会的インパクトの高い実験でした。 さらに実験時には高島市長もご登場、本取り組みを強くアピールして頂きました。実施主体一同、非常に心強いサプライズでした。 配送物は都心部での人命救助を想定したAEDでしたが、今後ドローンによる小口物流も同じ仕組みで実現可能になります。空飛ぶクルマ社会の実現もその延長にあります。 弊社の役割としては配送ルートの設計など空域管理の分野でsora:shareを活用し、ドローンによる空域経済の活性化を加速していきたいと考えています。 テレビ局はNHK、RKB、KBC、FBS、新聞社は日経、産経、朝日、読売、西日本新聞など、ものすごい取材陣に囲まれ、一時間ぶっ通しで対応しました。

セイノーHD・オープンイノベーション推進室、MIP(Most Innovative Person)賞を受賞

セイノーHD・オープンイノベーション推進室の総会で、sora:shareの取り組みがMIP(Most Innovative Person)賞を受賞しました! 来週、セイノーHDさん達と共同で行うFukuoka Smart East実証実験、そして関連するオープンイノベーション・プロジェクトを圧倒的に加速する予定です。 上空シェアリングサービス「ソラシェア」 https://www.sorashare.com/

福岡市役所にて、記者会見しました。Fukuoka Smart East PoCについて。

福岡市役所での記者会見、市長の隣での答弁は初体験!内容は、来週"Fukuoka Smart East PoC"にて、配送ロボットからドローンを離陸させ目視外飛行、陸から空へのシームレスな無人ドローン物流実験を実施する件について。 このような実験は(陸から空への自動配送連携+大都市部目視外飛行+ルート空域の視覚化)、福岡市のような100万都市中心部では初です。弊社は当PoCの代表事業者で、sora:shareによる空域管理を役割として参画します。 Yahooのヘッドラインにも、当ニュースが登場してます。soa:shareによる大都市のドローン物流の空域管理を、地元福岡市から展開できる事を誇りに思います。 来月初めには、福岡市でG20が開催されるという事です。世界にスマートシティ福岡をアピールする一端を担えるかもしれません。

UTM(ドローン管制システム)の勉強会@KDC

九州ドローンコンソーシアム、Working Group Dayでした。農林水産、防災、インフラ点検、AI、教育、観光の6分野に分かれ、ドローン関連の事業開発を行います。 今回も全分野で様々な実証実験結果のシェアや、最新のドローンビジネスの動向についての意見交換がなされました。 今回、特に勉強になったのは、AI WGが東京よりゲストを迎えて開催した、UTM(ドローン管制システム)の勉強会。 2022年のドローン自律飛行(レベル4)を目指して、業界の各プレイヤーのポジション、そして国際舞台での日本の立ち位置をよく理解できました。 空域活用について、ここまで議論できると気持ちいいです。九州だからこそ、創れる付加価値を考えていきたい。

インデペンデンツクラブ事業計画発表会@東京

sora:shareプレゼンの中に出てくる「東京駅上空の空中権取引」の話を、実物の東京駅を下に見ながら説明できる、丸の内の会場でオーディエンスは満員御礼のインデペンデンツクラブ事業計画発表会。 プレゼン後は、皆様が列をなしてご挨拶にお越し下さいました。時間ギリギリまで人が途絶えず大変でしたが、口々に応援頂き、感無量でした。 世界中の空を利用可能にする…あまりにもチャレンジングですが、だからこそ、君たちスタートアップが挑戦すべきだと。正直イバラの道ですが、皆様の応援があれば力が湧いてきます。 上空シェアリングサービス「ソラシェア」 https://www.sorashare.com/

世界遺産ドローンツーリズム by sora:share

sora:share史上初、「世界遺産ドローンツーリズム」を、宗像市大島で開催します!!宗像市及び現地観光協議会の強力なご支援を頂き、実現しました。 島全体が女神です!ダイナミックな自然と透き通るような美しい海!絶景に次ぐ絶景をわたり歩き、誰にも気兼ねせずに存分に空撮することができる。夢のようなプログラムです。 神宿る島「沖ノ島と関連遺産群」に含まれる「大島」での空撮になりますので、これはまさに離島ツーリズムと神域ツーリズムのイイトコ取りのプロジェクトになります。 五月の末頃から、sora:shareスクールから予約可能なイベントを打ち出していきます。大島までは福岡都心からのアクセスも良いし、インバウンドも見込めます。詳細はまた、リリースを出します。 上空シェアリングサービス「ソラシェア」 https://www.sorashare.com/

千葉県むつざわヤギ牧場 by sora:share

千葉県むつざわヤギ牧場でのsora:share空域を活用した「里山ドローンツーリズム」、GWの三日連続開催が無事終わりました。 今回10名様以上にご参加頂き、東京都心部から一時間圏内の、「思い切り飛ばせるドローン練習場」に需要がある事が、完全に実証されました。 ヤギ x ドローンという切り口は一見関連性が無さそうですが、ヤギは山羊と書くように、山の草を食べて育ちます。当然、ヤギ牧場も山地形です。 山地形は災害現場などに近く、リアリティのあるドローン練習に最適です。都心部の体育館型の訓練場とは一味違ったスキルアップを図れます。 そして空域提供者も、空撮による新たな町の魅力の再発見や、交流人口の増加など、メリットも高い。プロトタイプ実証の成功を受けて、我々の動きも加速できそうです。

インフラシステム海外展開とsora:share

"インフラシステム海外展開行動計画2019(国土交通省)"を見ています。人口減少下の国内需要は見込めない中、海外のインフラ関連需要は24兆円程度あるということです。 国交省は鉄道・港湾・空港・水資源・不動産など各産業ごとにターゲットを置き、狙いを定めています。この中に「ドローンプラットホーム」という枠組みはまだ見られませんが、5年後には追加されるのではないでしょうか? ドローンのような飛び道具は、鉄道などに比べ地上に設置するリアルアセットが少なくてすみます。プロトタイプを作ってしまえば、ドローン・ポート・通信・システムで空の道(sora:shareのビジョン)を創造できるからです。 初期コストも他の巨大インフラに比べて低いため、法体系、文化の異なる様々な国でトライ&エラーを繰り返して、成功モデルを完成させるのが世界シェアを取る上で重要な戦略になるはずです。

特集記事
過去記事

© 2019 by TrueBizon,ltd.