sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

ドローン測量教育研究機(DSERO)福岡セミナーで講演

ドローン測量教育研究機(DSERO)福岡セミナー、ざっと100名以上集まっています。九州ドローンコンソーシアム(KDC)代表として講演しました。 国交省九州整備局長をはじめ、ドローン測量界を代表する教授、企業、団体から活動内容や最新ソリューションのプレゼンの数々。 三次元ソリューションがテーマなので、土木測量、インフラ点検、災害調査をメインとした話が多い中、KDCは林業でのドローン活用について発表しました。 他の講義も、非常に勉強になりました。2019年、点検、測量分野でのドローン活用は既にマストになっています。次は農林水産、物流、人の移動。国内ドローン産業の成長は、順調です。

リライズ・ニュースマガジン“美しい時代を創る人達”に取材されました

「空の産業革命の幕開け、令和の時代...」と、壮大な書き出しで始まる、私のインタビュー記事です。 リライズ・ニュースマガジン 世界中の空を利用可能にする!!"増本 衛"さん 上空シェアリングサービス"sora:share"誕生秘話を余すところなく、語っております。 これは今までになく、わかり易いかも!

インデペンデンツクラブ事業報告会@福岡

初めて、福岡証券取引所にリアルで入りました。インデペンデンツクラブというIPO支援団体が主催する、ベンチャー企業の事業報告会。 ここでsora:shareの新戦略を、しっかりとプレゼンしました。毎回思うのですが、この事業は評価する人と、そうで無い人に、二極化するモデルです。 今回も絶賛してくださる方からは、大きなエールを頂きました。これがゼロイチを創る喜びですが、同時に得体の知れぬ怖さも感じます。 果たしてこの道で正しいのだろうかと。 真っ暗闇を共に歩く仲間たちと、手を取り合いながら、突っ走るしかありません。

関東初のsora:sahreフィールド

東京都心から一時間の里山、千葉の「むつざわヤギ牧場」様に、sora:share関東エリア第一号としてエントリー頂きました。 このインパクト、大きな一歩です。引き続き、関東でのユーザ説明会を続けながら、里山ドローンツーリズムのムーブメントを広げます。 英語も対応可能なスーパーインストラクターがおります。東京観光のついでに、日本の美しい里山を空撮するプランなど、インバウンド向けドローンツーリズムも狙いたいです。 プレスリリース

大分県ドローン協議会に加入

大分県ドローン協議会に入会しました。東九州でのsora:share展開は、大分から!大分は、県としてドローンに力を入れています。 この度、東京進出の足がかりを作りましたが、もちろん、引き続き九州でも空域開拓を進めます。福岡、佐賀、熊本、そして大分と、ジワジワ活動を広げております。 https://drone.oita-ri.jp/

特集記事
過去記事

© 2019 by TrueBizon,ltd.