sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

KDC2018年度総会を、無事終えて。

昨日は九州ドローンコンソーシアム、2018年度総会でした。6つのWGからの報告と、来期計画及び理事再任の承認を得ました。教育、AI、インフラ点検、農林水産、防災、観光という分野で、ドローンの利活用を社会課題の解決に繋げます。 教育WGでは数ヶ月後には、操縦士訓練100名が修了し、団体として国交省認定講習団体への格上げを予定。また、通常の操縦士に加えて、災害調査、計測撮影など新しい教育分野へも進出します。 AI WGではインフラや農林水産WGと連携して、各種データ解析や自動運航など、最新テクノロジーを駆使した、ソリューションの開発に取り組みます。 インフラ点検WGでは、会員に九州を代表するインフラ企業が揃っている事を強みとして、各種フィールドでの実証実験からビジネスモデルの構築にチャレンジします。 農林水産WGは人口減少により衰退する地域の一次産業の労働生産性を高めるため、各地の自治体と連携して現場の声を聞きながら最適なソリューションを見出します。 観光WGは、ドローンの一番の強みである空撮を軸とした新コンセプト、ドローンツーリズムの潮流を作ります。インバウンドも含めたマーケティング調査、事業パッケージ構築を始めます。 防災WGでは平時のドローンオペレーションで培ったノウハウをベースに、自治体からの要請のもと、災害調査支援を組織的に行う枠組みを整備します。 また、グローバル展開としては、福岡市の姉妹都市であるボルドーの航空宇宙産業の中心的組織、Technowestとの一層の連携が決まっています。 FDCの支援のもと、設立から一年半で軌道に乗り始めています。 以上、ご紹介したように

VTOL機が登場@DSE福岡校

ドローンソフトウェアエンジニア(DSE)養成塾福岡校。手前のドローンは卒業生にお持ち頂いた、固定翼と回転翼の合体バージョン、VTOL機。 まず、回転翼で上昇してから上空で滑空モードに切り替わります。滑走路無しで飛び立ち、かつ、固定翼の長距離飛行を実現する優れものです。 ドローンソフトウェアを学べばこんなものも作れるようになります!実際講座の内容を見てきたわけですが、三回目にしてその全体像が見え始めました。 当養成講座のプログラムは、主に3つのパート分かれています。 一つ目は、ドローンの自動飛行を行うための「ミッションプランナー」。飛行制御以外にも、ログを取ったり、シュミレーションしたり、フライトコントローラーをアップデートしたり、飛行計画全体を管理するものです。 二つ目はドローンが取得したデータをローカルで処理したり、取得データを通信してクラウドに送信したり、その他様々な付加価値を追加するための「ドローンキット」。 そして最後がフライトコントローラーのOSである「Ardupilot」です。これは機体の姿勢制御そのものを触るもので、様々な飛行オペレーションに応じた細かいカスタマイズを可能にします。 極端に言うなら、これら三つの組み合わせで、何でもできるようになります。さらにこの技術を陸海空全ての無人機に適用できます。 とは言えハードとソフト、両面の技術が必要とされるため、困難な道のりではあります。しかし、現在各産業に見え始めている様々なニーズに応えるドローンを開発する事ができるはずです。 例えば、ドローンのカメラがある種の物体を捉えたら何かを投下するとか、ドローン自身が不具合を感

ボルドー・TECHNOWEST社からの来客

ボルドーで大変お世話になった、バフォーさんとニコラスが福岡市を訪問してくれています。彼らTechnowestは航空宇宙産業のヨーロッパのハブ組織で、欧州最大のドローン展示会「UAV SHOW」を2年ごとに開催してます。 福岡市がボルドー市といち早くスタートアップ協定を締結した折に、弊社がFukuokaDCの支援を頂き、ボルドーでブースを出して以来、親交を深めています。 今回は九州ドローンコンソーシアムの理事やコアメンバーと共に、姉妹都市福岡とボルドーの友好の象徴でもある、オボルドーにて、懇親会を開きました。 そして、今年の秋にボルドーで開催されるUAV SHOWで会おうと固く誓い合ってお別れしました。ボルドーのドローンクラスターは、めちゃめちゃアツイ。 欧州に九州の足がかりを作るための、大切なコネクションです。

ドローンソフトエンジニア講座・福岡校始動

本日はドローンソフトウェアエンジニア養成塾、福岡校での初回授業でした。プロ講師が東京から出張派遣されます。内容は自動操縦ソフトの使い方から、ドローンプログラミングのための基礎知識と開発環境準備までをカバー。 さらに二期生の方がサポートでいらっしゃいましたが、この方がまさにドローンの「匠」でして、回転翼と固定翼の良いところどり、VTOLまでも全て自作で製造されてます。 ドローンは、ソフトだけでなくハードまで環境を整えないといけないので大変ですが、我々はオープンソースを活用するので基本的にハードのコストのみ。この写真の大型ドローンでも、驚くほどコスト安でした。 講座内では、ドローンの構造を具体的に紐解く事で、運用に関するより深い知識が手に入ると感じています。既製品では気にもしなかった細部にまで、理解が進むのです。 例えば、フライトコントローラーと各パーツとの配線上の繋がり方、リポバッテリーの扱いと危険性、地上局とドローン間の通信プロトコルなど。 正直、高度すぎてついていくのがギリギリでした。しかしオープンソース開発の世界の第一線、ディベロッパーコミュニティに加われるのは大きな一歩です。

sora:shareプロモビデオ

上空使用権のシェアリングサイト「sora:share( https://www.sorashare.com/)」のプロモーションビデオ日本語版をリリースしました。非常に分かりやすく表現されており、デザイナーチームに感謝です。

特集記事
過去記事

© 2019 by TrueBizon,ltd.