sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

2017年の振り返りと2018年にむけて

今日で仕事納め。今年1年のドローン業界のニュースを総復習している。 この年末年始で、2018年度の展望をイメージするためだ。 新たなイノベーションが現れてから、それが社会において活用されるようになるまで、ある程度のタイムラグが生じる。その技術の最適な活用方法が、見出されるまで時間がかかるため。企業や行政は、それに合わせて社会のあり方を変える必要がある。 日本国内では、2015年度12月にドローン関連の航空法法整備されて以来、丸2年が経ったことになる。その間、さまざまな試行錯誤が行われてきた。 弊社や九州ドローンコンソーシアムで行ってきた数々の実証実験もその一つだ。特にコンソーシアムでは、農林水産、インフラ点検、観光、防災、教育、AI、これら6つのワーキンググループで、各産業においてのドローンの可能性を見つめてきた。 法整備から3年目を迎え、2018年度はいよいよドローン社会実装の年であると、本気で考えている。正直、私が考えていたよりもはるかに遅いペースで事は進んでいる。 しかしスピードも大切だが、より大きな歯車を動かすためにはそれなりの準備が必要であることを今回勉強させてもらっている。まさに、一進一退の様相だ。 特にドローンのように規制が厳しいものについては、行政の各省庁や様々なビジネスプレーヤーと連携しながら、事業化を狙っていくしかない。業界最大手でさえ、一企業単体では何もできない。 もちろん、これらのプレイヤーはそれぞれに利害関係があり、全てをwin winの関係にもっていくには、慎重な調整が必要になる。私の感覚として九州ドローンコンソーシアムにおいては、ようやくその準備が

世の中はドローンでもっと楽しくなる!!

麻生専門学校グループから出版された高校生向けパンフレットに掲載されました!タイトルは「世の中はドローンでもっと楽しくなる DRONE x ASO」。 私は九州ドローンコンソーシアム代表理事としての取材、そして盟友のNEXCO西日本佐賀所長・濱野さんは、私が嫉妬するほど大々的に取り上げられてます(笑) このパンフレットが来年専門学校を目指す、九州界隈の高校生に配布されるとの事で身の引き締まる思いです。「少年よ(少女も)、ドローンを抱け!」と声を大にして言いたいです。 九州ドローンコンソーシアムの活動を通して、今後も九州地区のドローン活用の発展に貢献できれば、これほどの幸せはありません。

思い出せば、福岡市と台北市MOUから。

昨日、博多湾マリエラの船上でGolface CEOのIanと久しぶりに語りました。Golfaceの素晴らしいビジョンと行動を讃えながら。 彼らとのプロジェクトを振り返ると様々ありますが、中でも思い出に残るのは、福岡市と台北市のスタートアップに関するMOUです。 あれからまだ一年経ってませんが、今回一つのムーブメントが起きました。弊社も入居するFukuoka Growth Nextに彼らも拠点を構えたので、オフィスも近く、スタートアップのとしての機動力をフル発揮できました。 福岡市も台北市も、スタートアップ支援に力を入れる勢いのある都市です。そこがタッグを組めば、東アジアのスタートアップエコシステムの中で、良いポジションを取れるように思えます。 今後、加速する日本の人口減少。縮小傾向の国内需要をインバウンドでカバーするだけでなく、むしろプラスを生み出すような事業が求められています。 台湾のパートナーと、これに取り組めた事が誇らしいです。

大成功の「Golface x 西鉄」の台湾インバウンド向けゴルフツアー

「Golface x 西鉄」の台湾インバウンド向けゴルフツアーの最終日は、マリエラで豪華ランチ。ありがたい事に、そのパーティにご招待頂きました。 Golfaceと回った100のゴルフホール空撮データが、今回のツアーで使われました。お客様も満喫され、大成功だったようです。 海外のゴルフ客へ未対応の国内ゴルフ場が、Golfaceのアプリを導入することで、インバウンド需要を簡単に受け入れ可能になります。これからも、九州でガンガン展開して欲しいです。 しかも当プロジェクトの西鉄側のご担当は、九州ドローンコンソーシアムの観光WGでもご一緒している方。西鉄プロデュースの「あまおうスパークリングワイン」で乾杯しました。

九州の国際視点とは?

今、九州のプレイヤーに必要なのは、この東シナ海の視点ではないでしょうか? 大陸との物理的距離の観点から、沖縄、五島、対馬など、離島が重要な役割を担いそうです。そしてまた、台湾や済州を絡めて何をするか。 想像が広がります。

NEXCO西日本佐賀所長を訪問しました。

NEXCO西日本佐賀所長、濱野さんの所長室訪問。 着任以来初めて、お邪魔しました。 管轄されている佐賀域内の事や、来年春にオープン予定のスマートインターの事など、興味深い話をお聞きしました。 九州ドローンコンソーシアムの活動拠点としても、佐賀は重要な位置付けです。 今後の展開が非常に楽しみです。

事業提携(オープンイノベーション)のコツ

ここ最近、志を同じくする地場企業やスタートアップとの合同事業、また大学や自治体など、非営利セクターとの連携プロジェクトなどにも関わる事が多い。世の中ではこのような動きをオープンイノベーションと言うが、単に事業提携と呼ぶのが分かりやすい。 一見遠回りなようだが、自社の成長に対して、ジワジワとプラスの影響が出ている。連携の根本には、社会課題の解決を切り口とした動きや、新たに芽生え始めている事業機会を「皆で狙う」といった、WinWinを目指すロジックがある。 ひと昔前までは、このような連携を成立させるには苦労していたと聞く。しかし、今はそれがトレンドなのか、あるいは各社そうせざるを得ないのか、物事が円滑に進むケースが多い。 各社の得意分野を生かしながら、テンポよくシナジーを効かせた商品開発やマーケティング、販売までビジネス展開を行う。 社内外を自由自在に渡り歩き、調整して行動する、「外部との協調から新しい価値を生み出せる人材」が活躍できる場が、整い始めているのかもしれない。 スタートアップ経営者としては、大企業の中のそのような人を見極めて、共に「企む」力が必要。 小回りの効く立場を活かし、プロトタイプを進んで提案し、ミニマムの投資で誰も損しないプロジェクトを立ち上げて、ビジネスモデルを実証できるかが鍵だと考えている。 今日も古巣の九大箱崎キャンパスで、面白いネタの息吹が生まれた。よく考えたら、このような産学連携の思想は、この九大で学んだ事。QBSでの二年間は、本当にROIの高い時間だった。徐々に取り壊されるキャンパスを見ながら実感しました。 ちなみに、手前味噌ながらQBS時代の日記は

熊本・南阿蘇にて、大崩落と阿蘇大橋跡を空撮。

今なお残る、熊本大震災の爪痕、大崩落と阿蘇大橋跡。 ドローン空撮に来ています。(熊本県での国土交通省の許可申請有) 無人施工も導入されて復興作業が進み、町も回復しつつあるようです。 ちなみに手前の道路の先はすぐ崖っぷちで、繋がっているように見える道路の上に写っているところは、川の向こう岸です。

FCAJ(フューチャーセンターアライアンスジャパン)2017へ参加しました。

FDC会員限定スペシャルイベント「FCAJ2017in福岡」に参加しています。 世界のオープンイノベーションのトレンドや、国内での取り組み事例など、勉強になります。 エクスカーションセッションでは、「大企業×スタートアップでできること(ドローンの部)」において、自社や九州ドローンコンソーシアム(KDC)での取り組みをお話ししました。 その後、ドローンに興味のある方々が集まり、フューチャーセンター式のワークショップを行いました。KDCを良くするために何が必要なのかを考えたのですが、ほんの1時間で素晴らしい気づきを得ることができました。

高島市長の市政報告会に参加しました。

高島市長の市政報告会に参加しました。 「アジアのリーダー都市、福岡。これから福岡時代を創る!」という市長の宣言が、今でも頭にこだましています。圧倒的、熱狂的な一時間半。 市長から参加者への最後のメッセージは、「次はあなたの番です!」。 何をするにも主体性が、重要だと、再確認しました! 写真は、FDCの皆さまと。

九州産業大学ベンチャービジネス論にて講演

九州産業大学、経営学部のベンチャービジネス論というクラスで講演しました。テーマは、ドローンスタートアップについて。 今回は自分の大学時代のエピソードから始まり、何を考え、どのようなプロセスで起業に至ったのかを詳細に話しました。サラリーマンと起業家の違いなどに焦点を当てて。 また、なぜドローンの領域を狙ったのかとか、事業展開に用いた戦略とか、込み入った内容もご紹介。多少早口でしたが、今の自分や起業、ドローンビジネスについて、網羅的に話せたと思います。 まだ偉そうに語ってはいけないのですが、最後は起業家としての心構え、特に覚悟とか、行動の大切さなどについて触れて締めました。 学生さんたちも、質問にも色々と答えてくれて、こちらも楽しめました。

Squareを導入

スマホでクレジットカード決済が可能なSquare。 遅ればせながら、使ってみることにしました。BtoCサービスの強い味方。 アプリケーションが意外と多機能で驚いてます。

特集記事
過去記事

© 2019 by TrueBizon,ltd.