sora:log

世界中の空を利用可能にする、「sora:share」の情報発信

福岡市サンフランシスコツアーが今年も!

今年も福岡市主催、西海岸ベイエリアへの起業家ツアー(Global Challenge)が開催決定!事前説明会は数回に分けて開催されますが、私は6/7にスピーカーで登壇します。 最初に、福岡市長や福岡市の起業家仲間と訪問した時、衝撃を受けたベイエリアのスタートアップ・エコシステム。さらに、昨年度の同ツアーを経験し、ビジネス機会に繋げたストーリーをご紹介する予定です。 起業家が、ベイエリアに行く意義とは? 何を目標に行くべきなのか? ツアー参加の費用対効果は? 今なら、様々な観点から説明できると思います。 残念ながら、私は6/7しか参加できませんが、説明会終了後もお話しできるようにしております。ビジネスを次のステージへ加速したい方、オススメ致します(^^)

KDC総会へむけて

昨日は、九州ドローンコンソーシアム定例会でした。 毎回、九州のトップインフラ企業と全国のドローン技術を持った先進企業が集います。 ドローンの新規事業モデルを考えたり、防災・減災における広域連携を実現すべく、侃侃諤諤と議論を交わします。最初は違和感たっぷりだった、元教室での"すし詰め"ミーティングにも慣れてきました。 これから年一度の総会に向けて、各ワーキンググループの調整や各種ステークホルダーとの連携の取り組みなど、更に忙しくなりそうです。

トヨタ自動車九州でドローン講習

本日はトヨタ自動車九州さんでドローン講習及びデモフライトを行った後、レクサスの工場見学をさせて頂きました。 プレスから塗装、組立までの流れるような製造ライン。 労働環境を良くした、人に優しい工場の現場。 人とロボットの連携のデザイン。 受注生産型で在庫を持たず、生産スピードを最適化するシステム。 日々、カイゼンを行うための従業員からのアイデアを具現化する仕組みなどなど。 まさに、日本のものづくりの粋を目の当たりにしました。 徹底的な検査など、ドローンの安全管理にも繋がる部分もあり、非常に勉強になりました。

Global Startup Drone MeetFesを振り返る

福岡市(FDC)と姉妹都市ボルドー(Techno West)とのMoUの締結、その翌日の"Global Startup Drone MeetFes"。 本日の私のミッションは、フェスに出展しているボルドーのドローン起業家と、九州の企業群との現実的な連携プロセスの話をする事でした。 結果から言うと大成功。手始めとして、ボルドーのドローン企業を取りまとめるTechno West及びベンチャー三社CEOにトップ営業し、九州ドローンコンソーシアム参画を承諾頂きました。昨年度の福岡市長のボルドー訪問から始まったムーブメント。FDC平山さんと辛くも楽しい、長い道のりでした。 とかく中国、アメリカ寄りな国内のドローンソリューションに、欧州の風を吹き入れる事ができるゲートに福岡市がなるのです。 さらに嬉しい事に、Techno Westのバフォーさんから、お土産のボルドーワインを頂き大感動。当イベントの実務担当のFDC平山さん、ニコラさんも良く頑張ってくれました。 そして忘れてはいけないのが、九州ドローンコンソーシアムのNEXCO西日本、QTNet、麻生グループ、オプティム、国際航業、玉石重機、DPCA各社。大集合して感無量です。本当に最高の一日でした。 ありがとうございました。

福岡のスタートアップ大集合!

スタートアップ政策を強力に掲げる高島市長と、福岡のスタートアップを牽引された大先輩方が、一堂に会したスーパーミーティングでした。 福岡がネクストステージにグローズする、瞬間風速を感じた一瞬。 ここから何か始まりそうな予感がします。 この現場に居合わせた奇跡に、感謝以外の言葉はありません!! 本当にありがとうございます。

第八期地域政策デザイナー講座が開講!

九大の地域政策デザイナー講座が、志賀島合宿を皮切りにスタートしました! 前回同様、ドローンデモも実施。 第8期は更にレベルがブレイクスルーしそうな予感。NTTDataユニバーシティ濱先生のファシリテーションは素晴らしい完成度でしたし、今期から、毎回「ケーススタディワーク」が組み込まれる。 私は今回もチューターとして関わるのですが、プログラムもさらに身が引き締まる、エキサイティングな仕様になっております。ソーシャルイノベーションツールを使った産官学民連携ケーススタディは、コロンブスの卵的発想で今後が楽しみです。

福岡大学で講演...からのインターン決定!

福岡大学商学部の飛田先生のゼミで、外部講師としてドローンビジネスのお話しました。テーマを"観光xドローン"として、グループディスカッション及びプレゼンのワーク。私も考えつかなかった面白い事業アイデアを発掘しました。 学生の教育にもなるし、企業側も新鮮なアイデアを学べる非常に良い取り組みでした。早速、このワークショップ・プロトタイプを進化させ、ゼミ生からインターンを受け入れて、プロジェクト化する話も決定。 今回行った勉強会をモデルにして、社会人を巻き込んでイベント化するというものです。テーマも同じ観光 x ドローンでやることになりそうです。会場は、可能ならばFukuoka Growth Nextでやります!!

RKB今日感テレビに出演!

RKBの今日感テレビに、出演しました! 拡大するドローン産業について、アツく語りました。 今回のニュースでは、5/23に開催される福岡市の国際イベント、Global Startup Drone MeetFes についても大きく取り上げられたので、福岡のドローン熱も益々活気をおびてくることでしょう! PS:ちなみに取材では、画面に映っているInspire2を起動させたりもしたのですが、カメラマンの方の食いつきも大きかったです。報道の皆さんも大きな関心を寄せていることが分かります。

200名以上が参加!ドローンセミナー

国際航業・DPCAドローンセミナー、ほほ満員御礼で200名以上入りました。 私は予告通り、九州ドローンコンソーシアム代表理事としてプレゼン。 当会の目的や趣旨、現在の活動内容などを網羅的にお話しました。 原則、クローズでやっているグループなので、会場からは多くのご質問を頂きました。 我々は以下の二点を大きな目的として活動しています。 ・ドローンを活用したビジネスの実証実験の実施や事業化 ・防災、減災についての協力体制 特に一つ目のドローンの実証実験は、すでに何度もやってきました。 インフラ点検や農林水産など、様々な分野のどこでドローンが活用できるのかを考えながら、事業化を目指します。 最後の懇親会も、全国から集まったドローンのプレイヤーと語り合い、充実した一日を過ごしました。

シスコシステムズ投資家イベント

シスコシステムズのクローズイベントにて、投資ご担当の前でピッチしました。 九州を代表するIoT系ベンチャーもチラホラ、他社のソリューションからも多くを学びました。 シスコといえば、私が初めてシリコンバレーに行った時に視察した企業。 まさかこのような形で縁を頂けるとは思いませんでした。

福岡市Global Startup Drone MeetFes

西日本最大級と言っても過言ではない、ドローン国際イベントGlobal Startup Drone MeetFes(詳細 https://goo.gl/uqNMoa )がFukuoka Growth Nextで開催されます。 我らが九州ドローンコンソーシアムも、ブース出展予定します。 インテルのドローン戦略、フランスのドローンエコシステム、シネドローン(ドローンを活用したシネマ)など、尖った企画が目白押し。グローバルスタートアップシティ福岡ならではの切り口で、ドローンを盛り上げる。 無料ですから是非参加して下さい。ビジネスでもクリエイティブでもアツいドローンを、一緒に盛り上げていきましょう。 ここからまた、福岡のドローンのネクストステージが始まります。

ドローン活用シンポジウム登壇が決定!

アクロス福岡で開催!測量大手の国際航業、全国最大規模のドローンスクールDPCAが共催。私も九州ドローンコンソーシアム代表として、登壇します。 九州ドローンコンソーシアムの代表として、この規模の講演会に出演するのは初めてです。緊張もしますが、ある意味大きなチャンスなので、しっかりアピールしてきたいと思います。 国交省や測量大手の最新情報が、無料で聞けるチャンスです。 ドローンビジネスに興味ある方は、是非ご参加くださいね♪

ドローン4機、バッテリー22個で8時間空撮

晴天・微風の好環境、空撮主力艦隊出動! ドローン4機、バッテリー22個体制で、8時間程度空撮可。 果たして、こんなにドローンを持っていく意味があるのか? それが、あるのです!! InspireとPhantom、Mavic Proの役割分担は明確にあります。全ての機体で国交省の申請を通してあるので、法律上はどこで飛ばす分にも一緒です。 しかし、場所によっては音や機体の大きさが周囲に不快感を与える場合があります。そんな場合は、小さいMavicで。 周囲を気にせずに、ダイナミックに高画質な映像を撮りたい場所ではInspireがよいでしょう。 基本的な撮影はコンパクトかつ、高画質な映像を撮ることができるPhanotm4 Proで。何かあった時のために、Phantom4を予備として準備。 一つだけ忘れてはいけないのが、メモリーカードです。いくら機体があってもメモリーカードがなければ、データを保存できないので取り越し苦労になってしまいます。

特集記事
過去記事

© 2019 by TrueBizon,ltd.